募集・お知らせ

  • 掲載日:2020年2月26日
  • 掲載者:admin

新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る対応について【2020.2.26】

公益財団法人よこはまユースでは、新型コロナウイルス感染症の流行が懸念されていることに伴い、

当法人が運営する施設を利用する皆様の安全を第一に考え、法人が主催・共催するイベント・会議・研修等については、当面3月末まで、原則中止または延期することとします。

また、新型コロナウイルス感染拡大の防止の観点から、次の対応を実施することとします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 1.よこはまユースが運営する施設等を利用して、イベントや各種会合などを主催する団体等の皆様

感染拡大を防止する観点から、開催について改めてご検討いただきますようお願いします。

 【開催する場合の注意事項】

①発熱等の症状のある人には、参加を控えるよう要請してください。

②咳エチケットや、頻繁な手洗いなどについて徹底するとともに、アルコール消毒液などを使った消毒に努めてください。

③室内イベントの場合、定期的に換気を行ってください。

④相互接触の機会を減らす、対面での会話機会を極力へらすなど、実施内容の変更も検討してください。

  • 2.法人が食品を調理し提供する事業は、3月末まですべてを中止します。
  • 3.「野島青少年研修センター」について

旅館業法に基づく施設であるため、次のような感染症予防対策を実施します。

①宿泊者に当該感染症患者が発生し、横浜市保健所が疫学調査等として宿泊者に関する状況把握を行うこととなった場合は、宿泊者に関する情報提供に協力します。

②宿泊者に対し、新型コロナウイルス感染症に関する情報提供を行うともに、発熱・呼吸器症状(咳等)を発症した場合には、必ず施設側に申し出るようお願いします。

③宿泊者が、施設滞在中に上記3-②のとおり発症を申し出た場合は、マスクを着用させ、事前に医療機関へ連絡した上で受診するよう勧めるとともに、医療機関を紹介する等の支援を行います。

④施設の職員に対して、こまめな手洗いや「咳エチケット」(咳などの症状があるときのマスク着用)といった感染予防対策を実施します。

特に、発症の申し出があった宿泊者に上記3の対応を行った職員については、マスクを着用させ、対応後の手洗いを徹底します。

対応した職員は2週間程度の間、体調管理を強化し、発熱及び呼吸器症状(咳等)が出た際には医療機関を受診させる等、適切な対応をとります。

  • 4.よこはまユース職員の勤務について

こまめな手洗いや「咳エチケット」(咳などの症状があるときのマスク着用)といった感染予防対策を実施します。

なお、新型コロナウイルス感染症患者と濃厚接触者である場合等は、職員は2週間程度の間、体調管理を強化し、発熱及び呼吸器症状(咳等)が出た際には医療機関を受診させる等、適切な対応をとります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、イベント・会議・研修等の中止・延期の判断につきましては、新型コロナウイルス感染症の

今後の感染の広がりや、国や横浜市などの動向を見ながら、適宜見直すこととします。

関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願いします。

【連絡先】

(公財)よこはまユース 総務課

TEL:045-662-3716

このページについてのお問合わせ

(メールアドレスが公開される事はありません。が付いている欄は必須項目です。)

本部事務局(総務課・事業課)キッズ運営課青少年育成センター野島青少年研修センター青少年交流・活動支援スペース(さくらリビング)
下に表示される文字を入力して送信してください※
captcha

お電話・FAXでのお問合わせ
Tel:045-662-4170 Fax:045-662-7645

  • 記事一覧へ

上へ