活動レポート野島青少年研修センター

  • 掲載日:2018年10月25日
  • 掲載者:nojima

雲の切れまに ~のじまチャレンジキャンプ 実施報告~

何度も上陸する台風に悩まされた9月末、横浜市野島青少年研修センターでは、

『やったことのないことにチャレンジ!』をテーマとした「のじまチャレンジキャンプ」を実施しました。

前回の1日目レポートに続き、今回は2日目の様子をお伝えします。

(1日目の様子はこちら!)

 

雨の中スタートしたのじまチャレンジキャンプ、2日目も雨はまだやみません。

朝食のメニューはカートンドッグという、牛乳パックを燃やしてつくるホカホカのホットドッグなのですが、

雨の中では火がつかず…うーん。

急遽シートで屋根をつくり、雨をしのぎながら調理しました。

カートンドッグ 下ごしらえ カートンドッグ 火をつける

自分で具材をはさみ、アルミホイルを巻いて準備をします。

火をつける時は、みんなの期待と注目が集まる一瞬です。

 

朝食 いただきます 朝食 外でいただきます

できあがったホットドッグは、「焦げたけどおいしい!」と大満足のようす。

降っていた雨もあがりはじめたので、気分を変えて外で食べたグループもありました。

今度は自分たちだけで火をつけて、お替わりの分をつくります。

カートンドッグ おかわり準備 

 

朝食後は、キャンプ最後の活動であるキャンドルグラスづくりを行いました。

1日目に聞いたお話で出てきた「ビーチグラス(海岸に流れ着くガラス片)」を使った工作です。

ビーチグラス ガラスの写真

海岸にあると危険なゴミですが、見方を変えればガラスのかけら。

色とりどりの光がこぼれる様子は、ろうそくの灯りととてもよく合います。

もちろん、こういったものがゴミとして流れてこないことが一番なのですが。

 

キャンドルグラス 材料探し キャンドルグラス 製作中

好きな色や形のガラスを探して、土台に貼り付けていきます。

同じ色にこだわった作品、すきまなく貼りつけた作品、ガラスの凹凸を活かした作品、…。

 

キャンドルグラス 製作中2 キャンドルグラス 製作中3

1日目の塩絵と同じく、作品には一人ひとりの個性がよく表れています。

 

作品を作り終える頃には、なんと空には太陽が!

待ち望んでいた太陽が最後に顔を出してくれました!

せっかくなので、日の陽かりにきらめく作品と一緒に記念撮影です。

キャンドルグラス 完成写真1 キャンドルグラス 完成写真2

 

 

解散式

お友達もいない、しかも台風も近づいてきている、という不安を抱えての参加で堅かった表情も、

退所式ではみんな柔らかな笑顔になっていたのがとても印象的でした。

今年できなかったこと、また来年チャレンジしに来てくださいね!

このページについてのお問合わせ

(メールアドレスが公開される事はありません。が付いている欄は必須項目です。)

下に表示される文字を入力して送信してください※
captcha

お電話・FAXでのお問合わせ
Tel:045-782-9169 Fax:045-701-9599

  • 記事一覧へ



休館日・点検日

施設点検日一覧へ
年末年始は12/29~1/3
受付・お問い合わせ時間
9:00~17:00
※宿泊利用のある
場合:22:00まで

  • 横浜ユース ホームへ

上へ