活動レポート野島青少年研修センター

  • 掲載日:2017年2月7日
  • 掲載者:nojima

ラストクリスマス ~親子クッキング教室 報告~

年末の慌ただしかった日々はまだ1ヶ月くらい前の出来事ですが、年が変わると、なんだか遠い昔のことのように感じられます。

そんな遠いようで遠くない12月に、ご家族で参加できる料理教室を実施しました。

クリスマス直前ということで、メニューはケーキを中心としたクリスマス料理。

参加した7組のご家族は忙しさをしばし忘れ、一足早いクリスマスの雰囲気に浸りました。

:。:。:。:。 :。:。:。:。 :。:。:。:。 :。:。:。:。

講師を務めてくださったのは、『Kids’Factory』のみなさん。

料理づくりにとどまらず、野外活動や科学工作など、ワクワクするような体験を通じて子どもたちの成長をサポートしている方たちです。

「どのご家庭でも手軽に作れて、クリスマス気分を感じられる」メニュー、ということでお願いしたところ、オーブンを使わずに作れるケーキとクリスマスツリーを模したポテトサラダを考案してくださいました。

 

先ずはケーキの生地づくり。

生地に混ぜ込むサツマイモ・リンゴを細かく刻みます。

 

慣れない包丁づかいに力が入り過ぎ、強ばった手つきの子どもたち。

そこへ保護者が手を添え、手を切らないように優しく導いていきます。

お母さんやお父さんの手の温もりに安心したのか、子どもたちの手の緊張が和らぎ、まな板からリズミカルな音が刻まれ始めました。

切った具を生地に混ぜたら、炊飯器にセット。

あとは焼きあがるのを待つだけです。

 

ケーキが焼けるまでの間を利用して、今度はサラダをつくりました。

 

茹でたジャガイモをつぶし、ツリーの土台をこしらえます。

 

ブロッコリーの葉っぱや、型抜きしたニンジン・ミニトマトの飾りをつけたら完成!

色鮮やかなだけでなく、栄養も豊富なクリスマスツリーになりました。

 

ツリーの飾りつけが終わる頃、厨房になにやら甘い香り・・・ ケーキが焼き上がったようです。

ここからは仕上げの作業。

クリームをケーキに塗って、フルーツやチョコペンで思い思いのデコレーション。

この頃には、子どもたちも打ち解け、協力して作業を進めていました。

 

きれいにクリームがのらず悪戦苦闘したり、飾りつけのこだわりに試行錯誤したりと、子どもたちには最後まで妥協がありません。

子どもたちの満足げな表情が、ケーキ完成の合図。

参加した全員から、自然に拍手が起こりました。

 

講師が作ってくれたハッシュドビーフも加えて、最後はみんなで試食。

 

かなりのボリュームでお腹は満たされ過ぎなようでしたが、美味しさに、みんな心までも満たされた様子でした。

:。:。:。:。 :。:。:。:。 :。:。:。:。 :。:。:。:。

参加したご家族から、『みんなで作って、食べて、美味しかったので、楽しかった』という感想を多くいただきました。

私は、「みんなで調理する楽しさ、みんなで食事する楽しさ、美味しいものを食べる楽しさ」、これらを伝えることが「食育」の基本と考えます。

現代では、家族と一緒に食事を作ったり、食べたりすることすらなかなか難しくなってきています。

今回の企画を通じて、大人の方はもちろん、子どもたちにも「家族(または大勢)で調理することや食卓を囲む楽しさ」を感じてもらえたことが、私にとってのクリスマスプレゼントになりました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

このページについてのお問合わせ

(メールアドレスが公開される事はありません。が付いている欄は必須項目です。)

下に表示される文字を入力して送信してください※
captcha

お電話・FAXでのお問合わせ
Tel:045-782-9169 Fax:045-701-9599

  • 記事一覧へ



休館日・点検日

施設点検日一覧へ
年末年始は12/29~1/3
受付・お問い合わせ時間
9:00~17:00
※宿泊利用のある
場合:22:00まで

  • 横浜ユース ホームへ

上へ