講座・研修

『すべての青少年が周囲の人々から見守られ、人のつながりの中で成長していく社会』を目指し、青少年を支える人材の養成講座・研修・シンポジウム等を実施しています。

青少年育成センターの講座・研修等の考え方――

近年、青少年をめぐる課題はますます複雑化し、彼らを支えるさまざまな関わりや役割が求められています。

一方、役割が細分化・専門化するにつれ、埋もれてしまったり見逃してしまう課題があるかもしれません。

青少年育成センターでは、包括的に日常の関わりの中で青少年を支え、(潜在的な)課題に気づいた場合には必要な機関へつなぐことができる、『地域と機関とをつなぐ中間的な人材』の広がりを目指しています。

多様な研修体系

多様な視点からじっくり学ぶ連続講座、入門・実践・経験者など対象別の講座、取組みを充実するためのスキルアップなど、学びたい項目・環境に合わせた研修体系となっています。

 

≪開催予定の研修・講座≫

 

【一覧表】平成30年度 青少年育成センター講座・研修 ★年間スケジュールH 30.6.1現在
タイトル 日時 対象 等 内容 等
青少年育成関係初任者研修
「 イマドキの子どもの理解と支援」
 【終了しました】
5月24日(木)
※9:30~12:00
子どもに関わる活動をしている人(放課後3事業、こども食堂、放課後等デイサービス、こどもの居場所、フリースペース、等) 青少年活動の担当になった方、これから青少年育成活動をはじようと思っている方を対象とした研修会です。イマドキの子どもの問題・課題(虐待や貧困をはじめ身近なトラブルなど)をみなさんと共に理解し支援について学んでみませんか。
※初任者でなくても参加OK
 青少年育成活動充実のための人材養成事業
「効率」と「創造」を同時にかなえる
『魔法のホワイトボードミーティング』
【終了しました】
6月23日(土)
※10時~12時
 子どもに関わる活動をしている人 地域で活躍する青少年リーダーや支援者のみなさまに役立つ、
効果的なミーティングや会議の進め方、コツ&ポイントを教えます!!!
 子ども支援者養成講座2018
【よこはまチャイルドライン共催】
申込は締切ました。
前期講座
7月7日(土)~9月1日(土)
全10回 後期講座
10月13日(土)~12月1日(土)
全8回 後期講座のみの受講はできません。
子ども支援に興味ある方はどなたでも受講できます。 【前期講座】
①チャイルドライン(CL) とは -CL からみた 子どもをめぐる今日的課題-
②「子どもの心の声が聴こえていますか」-臨床心理カウンセラーの立場から-
③「子どもの成長と社会環境の役割」
④「手に入れたい子どもへのまなざし」-不登校の子どもとかかわって-
⑤「子どもの精神発達(発達障がいなど)」
⑥「子どもたちの問題行動から見えてくるもの」
⑦「多様な性をみつめて」-LGBT-
⑧「法律家からみた子どもの権利」-子どもの権利条約-
⑨「子どもの貧困」
⑩「児童虐待と社会的養護」-児童虐待の取り組み-
申込・後期講座及び詳細
 スキルアップ研修
「発達障がいの子ども・青少年の理解と支援」
【終了しました】
 7月18日(水)
※9:30~12:00
 日常的に子ども・青少年に関わる団体・施設職員、放課後3事業、放課後等デイサービス等、教職員、発達障がいに関心のある方 等   発達障がいのある子ども・青少年に寄り添い、支えるために、数々の事例に接してきた専門家から、発達障がいの捉え方・特徴・支援のコツなどを学ぶ。
 体験プログラム講座
「すぐに役立つ 科学工作・科学あそび」 【募集中】
9月2日(日) 科学工作
9月14日(金) 科学あそび
各回※9:30~12:00
 日常的に子ども・青少年に関わる団体・施設職員、子ども会、放課後3事業、放課後等デイサービス等 「ふしぎ!」「なぜ?」「やってみたい!」そんな気持ちを大切に、科学あそびや工作の「ネタ」を学ぶだけじゃない、子ども達に教える時のコツポイントを伝授します!
申込・詳細
チラシ 

*H29年度 講座・研修一覧はコチラをご覧ください。

 


  • 施設トップ
  • 施設概要
  • ご利用方法
  • アクセス
  • 活動レポート
  • 講座・研修
  • 情報スポット
  • スタッフブログ
 

休館日

第2・第4月曜日
(祝日にあたる場合は翌日)
年末年始(12/29~1/3)
【臨時休館日】
施設点検・保守のための
臨時休館日一覧へ

閉館時間

月・土 9:00-22:00
日・祝 9:00-17:00

  • 横浜ユース ホームへ
  • 馬車道通信
  • 助成金募集の掲載依頼について

上へ