学校支援

学校関係者の方への支援をしています。

学校と地域とが連携した「地域づくり」

近年、学校と地域との交流が盛んに行われています。生徒が地域を学んだり、地域人材を教育に活用したりすることで、豊かな人格が形成されることが期待されています。 また、地域にとっても、学校でどのようなことが学ばれ、また、課題となっていることを知ることで、地域の力で“まちの青少年”を育てていくことにつながります。

(コーディネート例)

  • 緑区十日市場中学校地域交流事業
    地域の社会資源(NPOや市民団体等)が生徒のボランティア活動を受け入れることで、 地域の大人と生徒たちとの「顔が見える関係づくり」ができています。

上へ

生徒・学生のボランティア活動のコーディネート、活動者の受け入れ

よこはまユースでは、クラス単位で活動できる清掃活動等のコーディネートのほか、指定管理施設や事業等において、ボランティア活動者を受け入れています。
事前・事後研修や、活動時のミーティング・振り返り等、生徒・学生の皆さんが活動を通じ、価値観を広げ、社会性を養う活動となるようきめ細かく対応しています。

(活動例)

  • 自然海浜の清掃活動を通じた環境学習(オールクリーン野島ビーチ)
  • 横浜市立十日市場中学校地域交流事業「夏(冬)ボラしようぜ!」
「青少年交流・活動支援スペース」は、『神奈川県地域ボランティアエアポート』として、高校生のボランティア活動の受入れや相談・コーディネートを行っています。

上へ

授業や部活動等と連携したプログラム開発

学んだことを、他の人に伝えたり教えたりすることで、より理解が深まるとともに、「中高生たちが学び・頑張っている姿」は、地域の大人たちが、 青少年の姿を理解するきっかけになります。 よこはまユースでは、学校と連携し、参加する側・支える側の青少年がより豊かに成長できるプログラムを開発・実施しています。

(取り組み例)

  • 横浜市立高校と連携した、青少年向け自然体験活動「横浜サイエンスプログラム」(市民向けプラネタリウムの実演、星空観察会の実施、海の生き物研究 等 )

上へ

実習生の受け入れ

社会教育や子ども・若者にかかわる仕事を目指す大学生を対象に、現場実習通じ、子ども・若者や地域を支える意義や手法を学び、次代を担う人材を育成します。
*詳しくは、各施設へお問合せください。

上へ

体験学習

横浜唯一の自然海浜がある野島公園内にある青少年研修センター(定員200人)は、自然環境を活用したプログラムと宿泊体験を通じ、青少年の社会性を育むことを目的としています。
プログラムについても、ご相談を受け付けております。
横浜市野島青少年研修センター TEL:045-782-9169

上へ

大学と連携した事業・研究等の実施

よこはまユースの施設や事業および来館・活動している多くの青少年の力と、大学が持つ調査・研究力とを活用し、青少年が豊かに成長することのできる事業の実施や調査・研究に取り組んでいます。

上へ

学生・生徒および教職員対象の研修・講義の実施

生徒・学生を対象に、ボランティア活動や社会貢献活動についてのオリエンテーション研修や、青少年を取り巻く環境や課題などについての講義を行っています。
また、宿泊体験や集団活動で役に立ち、その後のプログラムを効果的にする簡単なレクリエーションをはじめ、 地域で行われている青少年育成への取り組みなど、ご相談に応じた研修を企画します。
まずは、講師派遣担当までご相談ください。

上へ

放課後キッズクラブの運営

通いなれている小学校の施設を活用して、すべての子どもたちにとって安全で快適な「放課後の居場所」を提供しています。(市内17区18箇所)
放課後キッズクラブ担当(総務部 事業課)

上へ