• 掲載日:2019年6月21日
  • 掲載者:admin

プロフェッショナル【南小キッズクラブ】

恒例の壁面画づくりは、主任(=プロデューサー)が発する「クリエーター集合!」の声掛けで始まる。

今回のテーマは「ゴッホのひまわり」。

デザイナーや画家を自任する子どもたちが、ゴッホ特有のタッチを再現するために腕を奮った。

丸めた紙を筆代わりに使ったり、着色した画用紙を切り貼りすることで、厚塗り感や色鮮やかさが表現されている。

そろそろ完成が見えてきた頃合いに、プロデューサーから一言。

「画にもう少し奥行きがほしいなぁ」

…!

ここで心折れるどころか逆に発奮するのが、小さな匠たちの‘匠’たる所以だ。

プロデューサーや仲間とも会話を重ねることでイメージを共有し、試作を重ねることで段々とイメージを具現化していく。

試行錯誤の末、橙色の中に黄色の花びらを添え、花瓶に陰影を施すことで、見事プロデューサーの要望に応えた。

完成した作品がこちら↓

匠たちの努力と創意が凝縮された大作だ。

キッズクラブを訪れた際は、是非実物にふれてみてください。

このページについてのお問合わせ

(メールアドレスが公開される事はありません。が付いている欄は必須項目です。)

下に表示される文字を入力して送信してください※
captcha

お電話・FAXでのお問合わせ
Tel:045-662-7646 Fax:045-662-7645

  • 記事一覧へ

上へ