募集・お知らせ野島青少年研修センター

  • 掲載日:2018年8月10日
  • 掲載者:nojima

第2回 9月22日(土)オールクリーン野島ビーチ 行います。

 

第2回オールクリーン野島ビーチは 9月22日(土)に実施を予定しています。残念ながら台風直撃で中止になった第1回には170人を超えるお申込みがありました。ありがとうございました。

第2回は、多少の雨でも実施したいと思います。その場合は雨具の用意もよろしくお願いします。荒天の場合は中止させていただきます。中止の場合は、当日午前9時に当センターホームページにてご連絡をいたしますので、ご確認ください。9時以降、当センターにお電話をいただいても確認できます。

清掃終了後の「海洋ごみ」の講義については、第2回も予定させていただきます。

第1回7月28日の講義では、「海をつくる会」の方から、世界の都市河川、海洋ゴミの状況の今を,スライド、ビデオで説明していただきました。目を覆いたくなる現状と、それに負けることなく、明るく立ち向かうカナダ、アラスカの清掃ボランティアの仲間の活動を紹介していただきました。海がつながっていると同じく、野島海岸での清掃が、世界の仲間とつながっている事実に勇気をもらえました。また、町中に捨てられたプラスチックごみが、川から、海に運ばれ、太陽光線で劣化し、マイクロプラスチックに変化して、魚の内臓に取り込まれ、まわりまわって最後には、ゴミを捨てた人に入ってしまう、皮肉な現実をビデオで見せていただきました。

何気なく風に飛ばされた町中のごみの行き先で起きている現実の紹介もありました。ビニール輪が、アシカの口にはまり、餌を食べられずに餓死する写真。大好物のクラゲと間違えてレジ袋を食べて、消化できずに死んでしまう海ガメ。海岸に打ち上げられた海鳥の胃は、小さな球状のプラスチックが、消化されずに膨れ上がっていました。

私たちにとっての単なるごみも、海洋生物にとっては命を奪う魔物であることを痛感しました。

川は海に、海はまた海流でつながっています。3.11で流れ出た物がアメリカの西海岸に流れ着いていました。

ゴミでつながる世界ではなく、ゴミをなくす活動で世界をつなぐために、「オールクリーン野島ビーチ」の活動は今後も続いていきます。

第2回 9月22日(土)も多数の皆様のご参加をお待ちしています。

参加方法 Fax,またはEmailで
「名前、年齢、所属、連絡先、希望の回、団体の場合は参加人数」をお知らせください。
Fax番号 045-701-9599 Emailアドレス nojima-toiawase@yokohama-youth.jp

2018オールクリーン野島ビーチチラシ

 

このページについてのお問合わせ

(メールアドレスが公開される事はありません。が付いている欄は必須項目です。)

下に表示される文字を入力して送信してください※
captcha

お電話・FAXでのお問合わせ
Tel:045-782-9169 Fax:045-701-9599

  • 記事一覧へ



休館日・点検日

施設点検日一覧へ
年末年始は12/29~1/3
受付・お問い合わせ時間
9:00~17:00
※宿泊利用のある
場合:22:00まで

  • 横浜ユース ホームへ

上へ